餅の巡洋艦日記

WoWSの戦艦と巡洋艦についての書きものです.

隠蔽間際の消火判断

隠蔽間際の火災ダメージ、そして工作班の使用基準について理論計算をもとに考察しました。敵艦に撃たれ続ける場合は1火災での消火が有利な一方で、隠蔽が間近な場合は2火災での消火、あるいは放置が有利になります。

Nevskyにみる火力優勢の作り方

前半では、立ち回りを考える材料としての一般論である「撃沈と占領への貢献」「射線の原理」について解説しました。後半では、巡洋艦および戦艦相手の砲戦におけるNevskyの有利・不利を距離ごとにまとめました。

交戦距離指標 RngE

交戦距離指標RngEとは, 巡洋艦の主砲弾速と機動性を統合した性能指標です. 高い弾速は自身の有効射程を伸ばし, 優れた機動性は敵艦の有効射程を縮めます. 本指標は2つの性能を併せて考慮することで交戦距離の優位, つまり敵艦に対して一方的に撃ち勝てる距離…

回避の性能論的指標

転舵回避の性能論的な指標であるPCLを導出して, 巡洋艦の回避性能の比較や転舵回避の技術的な考察に応用します.

蔵王代艦の主砲提案

蔵王代艦というテーマについて、主砲に焦点を当ててみました。

撃沈効率でみる巡洋艦の性格

平均与ダメージを平均撃沈で割った「撃沈効率」を通して, 巡洋艦の性格の違いをみていきます.

隠蔽距離論

推力転舵Chapayevを出発点にして, 交戦距離論に隠蔽距離を取り込もうという企てです.

巡洋艦のダメージ交換論

1 ダメージ交換論の範囲 2 ダメージ収支と交戦距離 2.1 相対ダメージ 2.2 ダメージの質 2.3 有効射程(交戦距離上限) 2.3.1 AP弾の有効射程 2.3.2 Tier9, 10巡における射程UGと装填UGの選択 2.4 安全圏(交戦距離下限) 2.5 利得曲線と損失曲線 2.6 性能諸要素…

火災の数理モデル

1 はじめに 1.1 特に重要な項目 2 モデルの概要 2.1 マルコフ過程とは 2.2 モデル上の仮定 2.2.1 連続時間 2.2.2 無記憶性 2.3 取り扱う状態とパラメータ 2.3.1 状態 2.3.2 遷移確率に関わるパラメータ 2.4 秒間火災率の実際の値 3 単純なモデル 3.1 最大1火…